風俗は私に希望をくれた

ポリシーというよりもむしろ…願望?

ポリシーを持って風俗で遊んでいるって思っていましたけど、ポリシーというよりもむしろ自分が思っているのはそこじゃなくて、単純な話、願望を形にしているのかなって(笑)普段の生活では味わえないであろうことを風俗嬢に求めたりとか、あるいは自分では出来ないだろうなと思うようなことを相手に委ねたり。そういったことって本来は結構難しいと思うんですよね。でも風俗を頼れば願望を形にすることは決して難しいことではないんです。そう考えるとやっぱり風俗ってかなり面白いよなって(笑)自分の好きな時間を楽しめるってことだし、そこでのプレイが自分に新しい刺激をもたらしてくれるかもしれないじゃないですか。そんなことを考えていると、風俗というのはただ女の子と楽しむだけではなくてそこにいろいろなドラマがあるってことに気付かされるんです。それも含めて、やっぱり風俗というのはとっても素晴らしい世界なんだなってことに気付かされますよ(笑)

尋常ではないプレッシャーだった理由

この前の風俗のプレッシャーは尋常なものではありませんでした。自分でも驚きと言うか、あれだけのプレッシャーを感じていたのは初めてです。その理由は相手が美人過ぎたからです(笑)別に悪いことをしているとか、同じ建物に知り合いがいたとかではないのでご安心ください(笑)風俗は美人が多いとは思いますけど、緊張するような美人はさすがに初めてでした。風俗、つまりはこっちはお客なんですよ。それが分かっているのにあれだけ緊張したということは、きっとプライベートで彼女と向き合うシチュエーションだったらどんなプレッシャーだったのかって思いますよね。本気でそんな心配をするレベルと言うか、とにかくプレッシャーが半端なかったんですけど、でも今思えばですけどそのスリルのおかげでいつもとは違った気持ちを味わえたのも事実です。刺激という点では、おそらくあれ以上の物は今後も生まれないんじゃないかなってくらい凄いものだったので、今思えば良い時間だったなと。