風俗は私に希望をくれた

どれだけの時間を費やすか

何分コースにするのかは、快感や満足度の分かれ目と言っても良いんじゃないかなと。だからこそ、自分でもどうするのがベストなのかということをちゃんと考えなければならないなとは思っているんですけど、ただ自分が思うのは風俗って女の子次第な面が強いじゃないですか。時間よりも相手。その価値観が強い一方で、あまりにも短すぎると女の子としても全力を出せなかったり、あるいは焦りを生じることになるので普段のポテンシャルを発揮出来ない可能性もありますよね。用意されている以上、短い時間を選ぶのは悪いことではないんですけど、ただ短いと自分でも呆気なく終わっちゃったり、どうしても快感の絶頂まで最短コースで走らなければならないので余計なことを楽しんでいる余裕はありません。でも風俗はそういった「余計」なことも楽しいじゃないですか(笑)だからこそ、風俗で遊ぶ時には多少は長い時間にするよう自分でも心掛けています。そのくらいが丁度よいかなって。

上手というか変幻自在なテクニックでした

男に慣れているというよりも、彼女は男のことをよく分かっているなって。風俗嬢としての経験なのか、単に女としての経験なのかは分かりませんけど、一つだけ言えるのは彼女の風俗嬢としてのテクニックは相当なレベルでしたし、男の好みをよく分かっているのもあってとにかくすべてが最高峰でした。舐め方だけじゃなく、しごき方にしてもそうですけど上手なだけじゃなくていろんな気持ちを味わうことが出来ました。あれらの気持ちを味わえると言うのは、やっぱり男として嬉しいですし、風俗嬢ってさすがに上手なんだなって。風俗嬢がというよりも彼女だけかもしれないんですけど、相当上手だったし、手にせよ口にせよこちらの気持ち良い分を上手く刺激するし、途中からはローションも使ってくれたんですけどそれがまたとっても気持ち良かったんですよ。あれだけのことをしてもらえたら、男として何も言うことはないんじゃないのかなって。そう思えるほど、最高の時間を味わえました。